小学校の英語のレベルがあがっています

今年の4月から全国一律の小学校で3年生から英語活動が始まり、5年生から英語が教科として加わりました。英語が教科として加わったということは、定期的に単語のテストやスピーキングテストなどが行われるということです。


小学5年生、6年生の英語の教科書を見てみると、これまで中学校で習っていた内容が

5年生、6年生にまでおりてきていると感じます。(6年生では過去形まで出てきます)

そういう状況もあってか、学校の英語についていくためにと小学生の入会者が増えています。


これまでのように外国人の先生と楽しく発音や受け答えだけを習っていても、単語のスぺルが正しく書けなかったり、しっかりと文法や表現を理解して自分で文を作るところまでできていかないと、授業についていけなくなります。

小学校でしっかり英語の基礎を身につけていないと、さらに難しくなる中学校からの英語に取り残されてしまうことになるのです。


プレジールではこのような子供をとりまく英語教育の変化に伴い、正しい発音、単語、

文法、リスニング、スピーキングをバランス良くレッスンに取り入れ、子供達に総合的な

英語力が身に付くように指導しています。


学校の英語の内容も踏まえて正しく文法や表現を理解させることができ、英検対策などができるのは日本人の先生の得意とするところです。

一方外国人との会話に慣れる、覚えたフレーズを実践できる場としてはネイティブの先生が良いでしょう。

このようにそれぞれの得意分野に分けて日本人と外国人の先生を起用しています。


こちらの写真は今月お友達同士で入会した小学3年生のかんた君とたくと君。

学校の英語の授業についていけるように、また将来英検もとりたいということで

日本人の先生とレッスンを始めました。


初日から自己紹介や時刻の言い方を上手に言えるようになって、お迎えにいらしたお母様も驚くほど頑張っています。

お互い切磋琢磨しながらこれから楽しくレッスンしていきましょうね!